AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

本質へ至る導き

もう10年になりますが、夫と一緒に毎週数本の映画を観ます。

映画のブログでも書いた方がいいのではと思うほどです。

私は子供の頃から映画が好きですし、父の仕事がら、テレビは父の仕事道具でもあり、母も10代の頃から映画3本だてを観に毎週映画館に通ったという人。家風でもあります。

 

夫と映画を観始めた頃は、観点が互いに全く違いました。

夫は、この女優はかわいいな、とか(笑)興味のあるストーリーに惹かれるとか、映画にそれ以上の意味を求めなという価値観だったのかもしれません。

でも創作には創作の法則があり、それを知っていると観点が違ってきます。より本質を受け取ることができるようになると思います。

 

俳優であった父は演劇を「知的エンターテインメント」だと語りました。知性がなければ本質は楽しめない芸術なんだ、と。

生粋のテレビっ子であり、表現者を志す生意気だった私はやや反発を感じました。だったらテレビみたいに誰もが楽しめるものが優位なのではないかと思ったのです。でも今は父の言った意味がよくわかります。

映画を1本見るたびにうんちくをこんこんと語り、時代背景、その土地、国、配役、監督などについても必ず勉強する私の影響で、夫もあっという間に映画通になりました。今では私以上に、映画を予習し、観るべき映画を選ぶことに余念がありません。

「映画って人間を学べるよね~」などとしみじみ語ります。

人間が深く丁寧に描かれているものほど価値があると互いに思っているので共感するものに溢れています。

 

しかしそれも、そもそも人間を深く理解し知りたいという共通の目的あってのものなのかもしれません。

互いに内なる神を求め、瞑想し、そしてそこでみつけた真理を実際に生きるという最大の目的が一致しているからこその共通の楽しみと言えるかもしれません。

神、真理を求めて生きるというと現実離れした夫婦をイメージされるかもしれませんが、実際はこれほど現実的な生き方はないと私は思っています。

神と真理、つまり愛であるということは人が生きるにあたって直面する課題、浮上する問題、そのすべてと直に丁寧に向き合ったうえで喜びに生きようという、とても素朴な姿勢そのものだからです。

 

この世は舞台、男も女もみな役者。

天才劇作家シェイクスピアの言葉です。

舞台で意気揚々と輝くためには、舞台裏のルールや演じ方を良く知る必要があります。

人がこの世で生きるにも同じです。

この世の原理とは意識の原理です。

つまり心を良く知ることで、私たちは自分をマスターしすばらしい演じ手となれるのです。すばらしい演じ手はすばらしい作品の要素を引き寄せ、創造します。

私たちはエネルギーの世界に置かれている動物ではなく、エネルギーを発する創造の源の表れなのです。

この世の仕組みの原則は、少し前までは門外不出でした。

理解の土壌が育っていなかったからです。

それこそ芸術を愛する一部の人の教養のようなものでした。

解禁になったら、当然ながら玉石混交、情報が混乱しまくっています。

波立つ水面からひと時でも水面下に身を潜め、澄んだ水の中に見える真実をみつめる。

必ず真実はみつかります。

そして真実は本質へ、導きます。

kokoro-iyasi.jimdosite.com トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄

■今月の定期瞑想会は10月25日㈰10:00~です。残席5つございます。

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。店内は清掃、換気、消毒の徹底を、施術者は体調管理に努めています。
お客さまには
・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。

・現在風邪の症状のある方、2週間以内に渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。(渡航歴については検討中です)
ご協力をお願いいたします。

 

感謝とともに

AZU拝

アクエリアスを実感するできごと

ヒプノセラピーのセッションが終わったところで、お客さまが

「今日のセッションは彼からのプレゼントなんです」

と教えてくださいました。

なんてすてき!そして新しい!

ロビーでお待ちの彼氏さんに感謝をお伝えすると

「物っていつか無くなっちゃうけど、こういうものはずっと残るから。せっかくのプレゼントだからずっと残るものを贈りたくて」

と、お言葉をいただきました。

よくわかっていらっしゃる。

でもすごくないですか?!

形あるものはいつか消える。

心の中のものは永遠に残る。

これ、真理です。

アクエリアスの時代の先端を歩む若者らしい在り方を目の当たりにさせていただいて、新しい時代からの呼び声を聴いた気がします。

いつも自分を刷新し、新鮮な喜びに出会う準備を整えておこう、と思えます。

 

セッションに当たって学びの積み重ね、継続と同じかそれ以上に大切にしているのはいつも「最初の新鮮さ」と「最後の機会かもしれない惜しみなさ」です。

そして「一生もののセッション」にしていただけるよう探究を重ね、自己の最先端の学びをご提供できる努力を続けています。

内なる探究に関してだけはよくばりに、贅沢に。

今日もありがとうございます。

kokoro-iyasi.jimdosite.com

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。店内は清掃、換気、消毒の徹底を、施術者は体調管理に努めています。
お客さまには
・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。

・現在風邪の症状のある方、2週間以内に渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。(渡航歴については検討中です)
ご協力をお願いいたします。

 

感謝とともに

AZU拝

過去世、魂の壮大な旅。

ヒプノセラピストをやり続けて20年になる。

インナーチャイルドももちろんそうだが、前世がこの人生にどう影響していて、どう扱うべきなのかを学ばせられ続けてきた。それだけでもとんでもない量と質の情報だと思う。余すところなく人の役に立てたいけれど、書くだけでは到底伝わらないということを痛いほどわかっている。

体験者にしか飲み込めない質の情報だから。

 

前世療法は前世を知るためのものだと思われていると思う。

もちろん知れることは知れるが、それ自体にそこまで意味はないと思う。前世というと多くの人が「なにを(な)した人物か」に視点を置くからだ。

ほんとうは「なにを思い知ったか」が現在のあなたと潜在的に関係していると言える。

 

前世とはなんなのか。

それは幼少期の記憶と同質の記憶だ。普段は憶えていないことも、その貯蔵庫にアクセスできれば思い出すことができる。原理はまったく同じだ。

しかし、思い出せることが重要なのではない。問題なのは、忘れているのに、確実にそれが在るということの方だ。

その記憶があるがゆえに、ものごとへの反応、そして選択の基準となっているという点が、癒されるべき部分だということだ。

インナーチャイルドの記憶が特定の反応を引き起こさせて同じことを繰り返させるのと同じように。

 

インナーチャイルドと過去世は一続きと言っていい。

お母さんの影響はもちろんこの世では絶大だが、過去世から持ってくる膨大なデータあっての影響だということを言っておきたい。

もともと持ってくるデータがお母さんに対する反応を決めている。その反応が今世の記憶として記録されていく。そこで形成されるのがインナーチャイルドだと言える。

お母さんがどれだけがんばったとしても、子供は自分なりの解釈を学んでいく。それが自分の課題を生きるということだ。

インナーチャイルドを知ってもそれを理解していないと人は苦しまなくてはならなくなる。どこまでいっても誰かの、何かの、せいであるという因果律から抜けられない。

潜在意識は、過去世の記憶に今世の体験が上書きされたものだ。

因果のすべてはここにある。

みなさんの探究が広がりますように。また書きます。

kokoro-iyasi.jimdosite.com トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。店内は清掃、換気、消毒の徹底を、施術者は体調管理に努めています。
お客さまには
・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。

・現在風邪の症状のある方、2週間以内に渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。(渡航歴については検討中です)
ご協力をお願いいたします。

 

感謝とともに

AZU拝


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2020