AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

スピリチュアル

その敏感さの使い方

私たちのからだは 魂(キリスト意識)を運ぶ乗り物であると同時に 受信機であり発信機でもあります。 敏感で生きづらい、と感じている人は多いかもしれませんが 敏感とはそもそも その受信と発信の機能が精妙にできているということです。 生きづらい、とい…

心の落ち着かなさは

心の落ち着かなさ。 それは何かをお知らせしています。 心とからだは 生きるために無駄なく作られているから。 心が落ち着かないと 機動力が落ちます。 動けない、という感覚に陥るか、 動けたとしても無駄が多くなります。 それでいろいろと対処してみるの…

平安を妨げるもの

心の平安を妨げているもの。 その正体さえつかめれば私たちは平安へと近づくことができます。 平安とは、 おそれていないこと。 信頼があること。 満たされていること。 清らかであること。 (清らかというとイメージ的に抵抗がある人も多いかもしれませんが…

インナーチャイルドについて伝えておきたいこと④

考えて考えて、最善を尽くして、 これ以上解決法がない、と感じている。 簡単に人や周囲には頼らないし、責任逃れもしない。 情報も集め、勉強もしたし、理解もできる。 私は周囲の人のことを理解しているけれど、 私は理解されない。 みんながしあわせにな…

本当の自分

先日、夫がわたしについてブログに書いていた。 彼が何かを書く時は本当に思ったことしか書かないし、 ジョークでもネタでもないことはよく知っている。 ruahari.ti-da.net 結婚して11年になるけど、今なんだ。 ずいぶん思いを温めたね、とも思う。 彼のブロ…

すべてを解くカギ

みなさんはこの世が生きやすいと感じていますか? 私は生きにくかったです。とても生きにくかった。 過去形ですが、過去より今のほうがその生きにくさの成り立ちや細部が良く見えています。良くないところがく見える。 というとネガティブな感じがしますが、…

あなたが求めている光とはどれですか?

「引き寄せ」という言葉もはやりました。流行ったおかげで、意識の仕組みの説明はしやすくなりました。 どんなことでもそうだと思いますが、新しい概念が認識され定着していく間には数々の誤解がつきものです。 インナーチャイルドについて、ヒプノセラピー…

脳から光

ときどきお話するのですが、みなさんの頭の周りには金色と黄色のまざったような光が取り巻いています。 瞑想を重ねているうちに徐々にいろいろな種類、いろいろなビジュアルの光が肉眼にも見えるようになり、ある時対面セッション中に気づきました。 それか…

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと③

私の心の中にいるちいさな私は、 あるものを握りしめ、絶対に離したくないと思っています。 離すと思うだけでもとっても嫌な気持ちです。 でもおとなの私はそれをなんとかして離してほしい。 おとなの私にはわかっている。 その手に握りしめたそれは、私の人…

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと②

前々回『インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと①』に続く、その②です。 さて、それではインナーチャイルドの問題とはなんでしょうか。 それを捉えるには、私たちは私たちがなぜ生きるかということを念頭に、あるいは視野に入れないと探求できませ…

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと①

インナーチャイルドに取り組んで長い時間が経ちます。 この言葉は昨今とても広まって、ワークをしている方もとても増えた印象です。 そんな昨今を見回してみて、もう少しお伝えすべきことがあるなあというのが、今私の中にある思いです。 自分を愛すること …

世を照らす光であるみなさんへ

風間真吾 風間美緒 ルーア沖縄 新年あけましておめでとうございます。 みなさんと世界に、そして私自身に、常に新しい喜びの風が吹きますように。 年末年始に2泊3日の旅行に行きました。 沖縄へ来てからは長い旅をしているようで、また日常が新鮮な冒険のよ…

平安が好きですか?

平安、という言葉。 瞑想をするまでまったく興味も好意も持てない言葉だった。 クライアントさんに意識の仕組みをお話していて、平安という言葉を使うと「ああ、いいですねえ」と返されることがよくある。 「平安がいいです。」 そうですか?!では話が早い…

「世界は内面の投影」を解く

ACIM(ア・コース・イン・ミラクルズ)の公式本である『奇跡講座』を愛読しています。テキスト編、ワークブック編、マニュアル編とあり、膨大な容量ですが、どのページを開いても同じことが幾多の側面から言葉にされているように私には読めます。 同じことと…

死者の声を聴き続けて

前世療法のセラピストをしていての恩恵は自分にとって計り知れない。それは言ってみれば死者との対話だ。死者と対話することにどんな意味があるだろう。 死者は人生を終えているがゆえの達観した視野を持つ。それは時には後悔、悔恨などの心情であるかもしれ…

究極のTHE REIKI

このたびまたおひとり、ライタリアンレイキのアチューメントの全工程を完了されました。ライタリアンレイキのアチューメントは、臼井レイキマスターティーチャーの、その先からスタートする、いわゆる発展形なんて言われるレイキヒーリングシステムの、いわ…

愛をつかむ

愛って、実感したことも体験したこともない気がします。まったく雲をつかむような感じがして・・・ セッションでいただいた言葉なんですが、「愛」という言葉に対する感じ方は本当に多様で多くの方からいただく疑問でもあります。 私事ですが、だいぶ近年に…

スピリチュアルとお金の、新しい発見

たまーに、スピリチュアルのサイトやブログをのぞいてみると、お金のことが書かれているのが目につきます。 私はアバンダンティア・アバンダンス・レイのアチューメントをしていますので、セッションでクライアントさんとこのテーマでお話することがあります…

神さまから学んだこと

最近になって気づくのは、敏感な人ほど怒りを抱えている、ということです。私も自分の内面を見直すようになって、自分の中身が、というより、外界のほぼすべてに対して「怒りで防御」していたことに仰天しました。 そして自分が防御すればするほど、その攻撃…

矛盾を解く

私はセッションやメールでのやり取りでよく「ご質問ください」と申し上げます。質問をいただくことで、その方が何を理解しているのか、また何を(理解)したいのかがよくわかります。 ハイヤーセルフや魂、また内なる神(普遍の霊=スピリット)との対話につ…

豊かさは、愛することから

理想や意志を持つ人ほど、自分のコントロールができるようにならない限り葛藤が大きいものだと思います。思慮ある多くの人が自分を簡単に愛せないのはそこにあるような気がします。 トラウマがあるとかないとか、インナーチャイルドの状態に関わらず。(イン…

豊かさは、愛することから

理想や意志を持つ人ほど、自分のコントロールができるようにならない限り葛藤が大きいものだと思います。思慮ある多くの人が自分を簡単に愛せないのはそこにあるような気がします。 トラウマがあるとかないとか、インナーチャイルドの状態に関わらず。(イン…

超人のすがた

「私たちの真の強さは自己の明け渡しからくる」 これは敬愛するスリ・ダヤ・マタさんの言葉。 そう聞くと、誰にでも何にでも従順に言いなりなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、 もちろんそうではありません。 明け渡す相手は神しかありません。 「夜…

美しく咲く

昨日のおやすみは久しぶりに庭仕事が少しできました。 ブーゲンビリアと玄関脇のローズマリーを剪定し、裏庭の石垣のくぼみに昨年植えたキダチアロエを収穫しました。 こういう作業って、自分の心にどれくらいゆとりがあるか測れます。 スペースが足りていな…

初心表明

みなさま 新年おめでとうございます。 昨年もたくさんの方とお会いすることができ、また勉強会という新しい切り口で交流させていただけて大切な一年となりました。 おひとりおひとりに感謝の気持ちです。本当にありがとうございました。 今年もまた、ひと時…

愛の大きさ

小さなことの中に愛をみつけることができる、という言葉はよく聞くけど だったらどうなるの?と、以前なら思っていた。 より大きな愛が掴めたり、与えることができるようになるのかしら、というふうに。 より小さなものの中に愛をみつけることは、 たとえべ…

愛するちから

「やりたいことがなんなのかわからない」という声をセッションでよく伺います。また、「なにかやらなければならないことがある気がするけれど、それがなんなのかわからない」という声もあります。 ひとつには、それを思考で解析しようとしているうちは、たと…

映画とオラクルと瞑想と至福

みなさんこんにちは。一か月以上ブログを書かないなんて、2002年に始めて以来だったかもしれません。 改めまして、前回勉強会にいらしてくださった皆さんありがとうございました。なんというか、本当にいらしていただいて交流できたことを改めて幸せに思いま…

筋書きのないドラマ

心のセラピーという仕事をかれこれ15年以上やっている。ヒーリング、カウンセリングと少し枠を広げて、これまで培ったものをなるべく全部使って、セッションできるよう工夫してきた。おかげさまで、たくさんの人と深く向き合うという人間として最高の機会を…

引き寄せの奥の奥

空港のラウンジにて、普段触れることのない雑誌を手に取る。 普段読むことのない、堂本兄弟のどっちかの (丸い感じのほう)のコーナーに なぜか目が行く。 記憶にある限り、なんとなくふてぶてしい感じの人かなと思っていたけど 彼は奈良に帰るときだけが、…


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2020