AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUからのメッセージ

カゼ悪化です でもわりと元気^^

毎年12月には使い物にならないほどのカゼをひき続けるというのがここ数年のジンクスでしたが昨年末には辛くもそのジンクスを打破、しかしここへ来て典型的なカゼにやられてます。

でももちろん仕事は休まない。オーディションにも大雨の中行って来ました。

最近発見したのですが、私は長いこと精神的落ち込みはカゼの症状の一部だと思っていて、しかしそれは大きな誤解だったことがわかりました。心安らかにカゼをひくことも可能なんですね。

私が育った家庭は超神経質紙一重声優の父中心に回っていましたから、子供がカゼをひくとそれは「悪」という捕らえられ方をし、父は逆上子供は隔離母には疎まれるという状況だった上、当の父からでっかい扁桃腺を譲り受け、しょっちゅう高熱のカゼをひいては3兄弟が順番に寝込むということを繰り返していました。

そんな時は家中の空気はピリピリし、子供はびくびく、苦しい熱にうなされながら罪悪感にさいなまれたものです。ああなんという悲劇。 こういう気持ち、わかってくれます?きっとほんとに限られた人にしかわかってもらえないと思う。

それで私なんぞ30歳をとうに過ぎもはや40歳を目前にしても、カゼをひくと罪悪感やら寂しさやら悲しみに打ちひしがれるというおかしなトラウマを引きずってしまったのでした。でもどうやらそんな呪いもその力を失おうとしているようです。おお、神よ!

でもこの「安らかな気持ちでカゼをひける」という状況はまさに潜在意識が癒された証拠ともいえる状況でとてもめでたいことです。 はぁ~世間の人ってカゼの時こんなかんじなのかなぁ~なんて感心しちゃったりしてね。中にはカゼひくとお母さんが優しくてアイスクリームが食べられるから嬉しいなんて言ってる人いるもんね。

そういうのんきさというかのどかさと無縁な半生を送ってきたとは見えないこの朗らかな私の容貌によって時に他人からいらぬ詮索をされいらぬストレスを頂戴したりして。そういう人は知らないんだ、私の20代の顔を。ほんっとに老けて憂鬱な怨念とかがぴったりなおもたぁい顔してるんだから。どんな努力と忍耐の挙句、今の私を獲得したかわかるものかと思う。 聖子ちゃんがよく整形しまくってるとか言われてるけど、そんな比じゃないんですから。もちろん私の顔は天然です。私は精神力とイマジネーションで顔を変えました。

ああ、やっぱりちょっとひがみっぽい心情になってるかもな。そうは言ってもやはり心と体はひとつですもんね。 もうすぐまた元気になります。

ところでそろそろヘアをいじりたいのですが、どんなんがいいかなぁ・・ 長い前髪はすっかり定着しました。小学校5年生以来のでこ出し。 あとねぇ~新しいドレスがほしいです!!衣装がたくさん必要! 宇宙にリクエストちゅう。 あと、春には映画の話が決まりますように!!絶対。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。

公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー

AZU WORlDⓒ2006-2018