AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

レイキ、ある使い方

我が家は夫婦でレイキを使っていますが 主人は鍼灸、なかでも中国医学の経絡治療をベースに施術しますので レイキもその経絡を流れるイメージが大きいようです。 そもそもレイキは必要なところに必要なだけ、勝手に流れるので それを使い手が意識的にコントロールする必要はありません。 けれど、明確に意図することは、レイキはもちろん あらゆることにおいて非常に大切です。 レイキも例外ではないと感じています。 私は人間の心の問題に造詣があるので レイキを使うときも心、意識、エネルギーというふうにみながら ヒーリングします。 ある日自己ヒーリングをしているとき、主人が からだに流したいときは心臓に送るといいよ、血液と一緒に流れるから、と言いました。 レイキのマニュアル本などでは、脳が全身の司令塔なので 脳のポジションは欠かせないとはありますが 心臓から流すというのは初めて聞きました。 そうなの?と聞き返すと いや、俺がそう思うだけだけど、とのこと。 私が普段レイキを使っていて、とてもわかりやすいと感じるのは お水の味が本当に一瞬でまろやかに変わるということ。 お水より結合の緩い気体や想念、などにはさぞかしもっと一瞬なんだろうと想像しつつ いつもお水には驚かされていました。 ですので血流の起点である心臓というのはなかなかいい案に感じました。 ある日頭痛が起こり、時間を追うごとに酷くなっていったので これはもう鍼を打ってもらうか頭痛薬飲まないとどうにもならないかな、と思っていました。 その時、苦し紛れに、イメージも意図も面倒だったので掌にシンボルを描いて そのまま心臓のあたりに当てていました。 ものの3分もしないうちだったと思いますが 耳鳴りのような、遠くで蚊の鳴く声が耳に入ったような プーン、という音が1,2秒聞こえたかと思うと エンジンがぶぅんといって切れるように 頭痛がぶぅん、とダウンしてしまったのです。 そのあと少し寝落ちて(頭痛の時は痛くて眠れないんですよね) 完全に治ってしまいました。 あくまで一例に過ぎませんが、ご参考になればと思います。 (病気の治癒には自己判断だけでなく医師の指示を仰ぐことをお忘れなく) 祈りは祈り方が、ハイヤーセフルとの対話は質問の仕方がとても大事です。 明確さには明確さが返ってきます。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2020