AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUからのメッセージ

導かれる日々

こんにちは。沖縄・心のセラピストAZUです。

台風お見舞い申し上げます。わが家は今回停電もなく、通常通りに過ごすことができました。宮古は2万件が停電したそうで、お辛いだろうとお察しします。

台風は肉体にかなりのダメージを与えるものと、台風のたびに実感します。気圧と風圧と湿気などのいろいろに、からだが右往左往しているのを感じます。そこに停電はいつもながら厳しいなと思います。みなさんご自愛ください。

 

自分ごとを申し上げれば、鍼灸師の夫なしに自分のケアはとても難しかっただろうと思っています。

独身の頃は働いて稼いだお金は自分のケアに注ぎました。自分を奮い立たせ稼働させることで精いっぱいでいつもだいたい崖っぷちの生活でしたが、自分が楽器、自分が商品、というようなお仕事をしていたので、当然のことでもありましたし、本当ならもっともっと自分に投資したい、という思いが常にありました。

お金がないときも本を読んで、お金をかけずにできる、いいと思えることはなんでも実践しました。その多くは自己ケアと意識のエネルギーを使いこなすという学びです。

生きるためのエネルギーの節約や自分の才能や資質を発揮するための自己訓練は、当時スピリチュアルを学ぶ目的でもありました。スピリチュアルの勉強はすなわち生きるための資本を学ぶことでした。

しかし仕事量が増えると同時に負荷も増えるので、結局がんばって増えた分の収入はほとんどマッサージなどに消えました。役者で身を立てたかった私の一番の課題は、余剰の時間とエネルギーを手に入れることでした。

 

ある時、結構大きなイベントを手伝う仕事をしていて、自分も歌う場を与えてもらったのですが、直前になって扁桃腺を腫らせて高熱に倒れました。経験的に考えて、病院の薬と療養で治すには時間が足りません。本番前日になっても、起き上がることも声を出すことも容易でない状態でした。

わたしの頭に浮かんだのは、まったく別々の場所で3人からすごいとうわさを聞いたある鍼灸師です。その治療院はたまたまわたしの自宅から徒歩圏内にありました。しかし予約がいっぱいと聞いていたので問い合わせても断られるだろうと踏んだ私は、なんとか起き上がり身支度をし、その治療院の前まで歩きました。

そして目の前から電話をして、明日ステージがあり、どうしても歌わなくてはならないと言いました。するとその先生は、「もしかして、うちの前まで来てる?同じ騒音が電話から聞こえるんだけど」と言いました。そして仕方ない、と治療を引き受けてくれました。

ただしこの治療はいちかばちかで、治るか、悪化するか、やってみないとわからないよと言ったのです。そして治療代は初診料合わせて当時たしか8000円ほどしました。先生は私を気の毒がってくれましたが不思議なことに私の中に迷いはありませんでした。他に選択肢が浮かばなかったこともありますが、こういうのがきっと導きなのだろうと今では思います。これで絶対に明日歌える、と確信していたのです。

首に長い鍼を直接刺します。痛みはないけれど、ぐぐぐぐ、と首を貫通する感覚があり、こわくないと言えばうそになります。2本刺して「まだ完全じゃないね」と3本目を刺して、治療は終わりました。

夜には喉のパンパンな腫れが引き、熱で重い鎖に縛られたようなからだがようやくゆるされた感じがしました。

そして翌日のステージでは、これまで以上に歌の自由な領域が広がったのを感じました。出来は上々でした。

この日、なぜか一番感動してくれて喜んでくれた人は、このイベントの手伝いにバイトで来ていた、まだ知り合ったばかりの夫でした。夫は鍼灸学校の受験生だったため、知り合いに頼まれた短期間のバイトにたまたま来ていたのです。でも当時はなんの勉強をしようとしているのかなどもよく知りませんでした。

このイベントの会場は、六本木の結婚式場でとても素敵なところでした。そしてそこから私と夫のつきあいが始まったのです。

 

今となってはすべてが導きで、できすぎたものがたりのようにも見えます。でも当初、自分の意図と実際の糸はまったく一つに重なっては見えていませんでした。このものがたりには他にもいくつもの不思議な偶然の重なりがあります。後から思えば不思議ですが、大事なことが起こっている時、だいたいは別のことに気を取られながら無心に行動しているような気がします。それが多分、慎重で考えすぎなところを持つ私に合った、ハイヤーセルフからの導き方なのだろうと思います。

幼少期からたびたび腫れあがってそのたびに高熱で1,2週間寝込むパターンだった私の扁桃腺は、夫の定期的な調整のおかげもあり、その後まったく暴れなくなりました。かれこれ16年になります。

これをなんの力だとみなさんは思われますでしょうか。

ただ鍼をからだに刺すだけで、機械の修理のように病気が治るわけではありません。

しかしからだには明確に、生命力を帯びたエネルギーの経路があり、その見えない経路を観て示唆を与えることのできる人が治療家でありセラピストです。

そしてその経路は、この物理的なからだで完結しているわけではなく、感情と感覚の記憶、そして遠い過去と歴史的な集合意識から深いつながりを持ち、私たちに多くの情報をもたらし、魂の探検の地図を与えています。

エネルギーの地図は幾重にも立体的に、多次元的に重なっています。

表面的に観れば、修正すべきに見える箇所が多く、混乱して見えます。しかし奥深いところ、つまり魂、内なる神のほうから見れば、修正は少なく、そして優しいやり方で済みます。

本当に大切なことは人生に少ないし、真理がとても単純であることと似ているかもしれません。

少しでも多くの方に自分のこととして体験していただけることを、導きへの感謝とともに願う日々であります。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。

公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー

AZU WORlDⓒ2006-2018