AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

不幸と幸せのメカニズム

わたしはとても敏感な人、HSPに当てはまる人です。

それがゆえに一生懸命理論的に考えるようになりました。

HSPは繊細で内面が細かく揺れるので、ぶれない強固な固体であろうと努力しました。

 

気がつくと、頭で分析して整理して考えていることが多いわりに結局行動に移せない。

無理に行動しようとしても、怖い。

なにから手を付けていいかわからない、という状態になっていました。

これがなにを示しているかというと「幸せになるのが遅れる」ということです。

幸せになるのが遅れるというのはどういうことかというと、霊的な進歩(魂の計画)が滞るという意味でもあります。

 

でも理論的に間違ったことをしないことにとても注意深いので、周囲からは困窮しているとは見られませんでした。

むしろまじめでちゃんとしている感じに見られます。

そして、そう見られることが非常に嫌でした。

 

本当は不安定で細かく揺れて、意志が弱くて自分をコントロールできない人だという自覚があったからです。

だから、表面的に好意を持たれたり気に入ってもらえても、本当の自分は愛されないだろうとしか思えませんでした。

本当の自分を見せたらみんな去る、と。

めんどくさいか、こわいか、気持ち悪いと思われるか。

誰かと親密になったら最後、いつ去っていくのかを待つ。

そしてそうなってからでは傷つきすぎてしまうので、いつそうなってもいいように常に構え備える。

 

そうです。

これはアダルトチルドレンインナーチャイルドに傷がある人の特性と言われている、幸せになれないパターンの一つです。

自分への無価値観とか自己肯定感のなさ、という言葉でも表現されます。

これはお母さんとの関係の影響が強いと言われます。もちろん影響は多大です。

でも、究極の原因はやはりそれでもありません。

 

前回書いた記事に書いたように、いきさつはどうあれ原因は潜在意識に情報が多すぎるからです。

それがメカニズムです。

azworld.hateblo.jp

ですから、これは敏感な人だけに起こることではもちろんありません。

特別敏感でない人が幼少期から常に暴力や感情的な騒音や過酷な環境に身を置いていれば、潜在意識が情報過多になります。

刺激が強く、反応も多くなるからです。

もうひとつ言うなら、潜在意識の仕事の第一は身を守ることですから、楽しいことよりは危険に対してより敏感です。

危険という情報のほうが通常刷り込まれやすいと言えます。

 

多くのセラピーや内的探究は、この情報のなかに間違いを見つけて変えようとします。

ヒプノセラピーでも、マイナスをプラスに書き換えるなどと表現されます。

ですが、あらゆる要因や状況を鑑みて、情報の中身をいじることには限界があります。

つまり情報の本当の良し悪しは、人生の目的や生きる意味というゴールの設定がわからないと判断できません。

なにが有用でなにが無用なのか、それは目的による。そうですよね?

 

そして本来、その情報に間違いなどないのです。

すべての人生に意味があるのと同じように。

ただそれをどう認識し、理解し、識別するか、それが生き方なのです。

 

ではセラピーや自己探求に求められるものとはなんでしょうか。

それは魂との分離の傷を癒すことです。

 

多くの人が、幸せと困難が少ないことを同義だと誤解しています。

幸せと、環境に恵まれることを同義だと。

または、波動が高いことはそういうことだと。

 

幸せとは、外面に関わらず、属性に関わらず、尊び、認め、受け入れ、信頼し、そして愛することができる自分であることです。

そしてそのように生きる、生きてみることです。

それが人生のどの瞬間にも起こり続けていることが魂と完全に同化して生きることなのでしょう。

そこに本当の喜びと幸せと豊かさがあります。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2019