AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

変化

台風9号のお見舞い申し上げます。

知念具志堅方面は奇跡的に電気が来ていますが、今日はトータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄はお休みをいただいています。

今年は初旬から新型コロナの災厄に見舞われ、地球の大半が被災している状況と言っていもいいかもしれません。

またこの状況に対して様々な見解があります。大きな変化の最中です。

 

前回8月の定期瞑想会で、

「疲れている自覚はなかったけれど、こうして内面に入って改めて感じてみると

自分は疲れていたんだとわかりました」というご意見を伺いました。

瞑想でそんなふうに感じるものなのかと思われる方もおられるかもしれません。

またそれに気づくことになんの意味があるかと思われるかもしれません。

でも本当に大切なことだと思います。

 

私が私の中心に戻るにあたって、私が今どうなっているのか、ゆえに今どう感じているのか、そしてそれゆえにどのように求めているのかを感じるということこそが自分を知ることに直結します。

そして瞑想はその姿をあなたに見せて、そこからそっと中心へと誘ってくれます。

瞑想の最中に理解するかもしれませんし、それ以外の時間にふと、わかるかもしれません。

(ここでいきなり、まさかの停電!幸い記事は保存されていました💦)

 

でもみなさん、全部自分でやろう、という圧力を自分にかけないでくださいね。

自分で自分の内面や人生をコントロールできるようになることは、自己探求の当初の目的のひとつかと思いますが、それは自分を自分の思う通りにしていくこととは違います。

自分の内側に満ちている意識というエネルギーに触れていくと、自分はほとんど生かされていて、自分のちからで生きているわけではないとわかります。

 

「自分の思うようにする」或いは「なにが自分の思う通りなのかを探す」ことと

「もっと大きく未知で崇高な目的を生きるようになること」は

一見どちらも自分を愛することと似ているようでまったく違います。

 

現代社会の中で生きていると、私たちは小さい我の世界の中で溺れないように生きることで精いっぱいです。その中で自分を取り戻すと言われると、あたかも前者が最善に見えるかもしれません。

 

「求めれば与えられる」。これは真理ですが、与えられたものを「得よう、得なければ」と思ってしまうと、与えられているものは見えなくなります。

「与えられたものを受け取ること」。私たちに必要な在り方はこれなのだと思います。

 

受け取るという姿勢は真我、愛を生きるようになるための最も重要な視点です。

獲得しようと思う時、私たちは外側を探し、受け取ろうとする時、内側に手を広げているからです。

その時私たちはハートを開いて、心の眼で観ています。

 

意識の変容を受け入れることは、これまで正しいとか価値があると信じてきたものを手放すことです。そのことを次元が変わると表現できると思います。

次元上昇というのはまさに、意識の変化のことです。

それは「得る」とか「自分が」という思いを超えたところにあるのです。

超意識という言葉はそれを表しています。

二元性の良し悪し、3次元での達成を「超越」した「愛」という次元のことです。

 

求めればそれは与えられます。

内面に向かって手を広げ、ハートを開き、心の眼で観て、受け取ってください。

目覚めて生きるチャンスを多くの人が受け取られますように。

 

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 公式サイト

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。
・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。
・風邪などの症状のある方は回復されてからお申込みください。
・2週間以内に県外への渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。
ご協力をお願いいたします。

 

感謝とともに

AZU拝


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2020