AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

究極のヒーリングエネルギー

3つのレイキのうちの3つめ、ライタリアン・レイキは、臼井レイキの発展系と言われ、波動帯域を無限に高める可能性を秘めています。

RUACH[ルーア]の公式サイトにも書いていますが、臼井レイキとクンダリーニレイキで自己ヒーリングをどんどんやっていくうちに、意識のフィルターがどんどんおそうじされていき、様々なことに対する理解がやってくるようになりました。

こういうのをひらめきというふうに表現することもあるのかもしれませんが、私からすると、自分が冴えて能力が高まったという感じではまったくなく、本当はそこにただあったものが視界がクリアになったことによって目に入っただけ、という感じに近いのです。

超常的に「見える」などと言われているものはこういうものの一部なのではないかと思っています。フィルターの間からちらっと見えるから特別な感じがしますが、フィルターが透明になって全貌が見えてしまえば「それが普通」です。

例えば私はヒーリングと瞑想を重ねるうちに、光が実際にたくさん見えるようになりました。あるとき瞑想から戻ってくると、世界は光に満ちていて、光の網目によって一つにつながれていたのです。

それは確かに、それまでは目にしたことのない景色ですから驚きはあるのですが、同時に「ああそうか、肉体の眼には見えないだけで、世界とは本来このようになっているものなのだ」というふうに自然に理解できてしまい、それ以上不思議には思わなくなりました。

瞑想の覚者たちが言う直覚とはそういうもののように思います。

エネルギーというものの全貌(の一部)が見え始めると、更に全貌を明らかにしているシステムがあるのではないか、と思うようになりました。きっと私の中で明らかになったもののことをもっと知っている人がいるはず、という感覚です。探すとすぐにヒットしました。それがライタリアン・レイキです。

このシステムは本当にすばらしいと私は感じています。

この伝授は誘導瞑想という形で行われ、その最初の文言は

「最高次元の根源なる神よ」

という語りかけから始まります。そうです。

臼井レイキではあんなにも「宗教とは無関係です」「信仰があろうとなかろうとできます」と但し書きがされ、神という言葉を使わずに説明してきたというのに、究極は最高次元の神という根源からそのエネルギーを授かるのが伝授なのです。

つまり無限というのはそこにしかないし、無限で完全で神聖であるものを神と呼んでいるだけなのです。(臼井レイキでは「宇宙」と表現していたけれど、漠然としていて誤解の原因にもなっています。)

最高次元の根源なる神とつながる扉は私たちの内側、心にあります。

宇宙の仕組みに対してなぜこんなにも確信が持てるようになったのか、たまに自分でも不思議に思えるのですが、それは通ってきた道にすべて答えがあったからなのです。

私自身、なにも見えないまま手探りでここまで導かれました。導きは常に内側から来ました。先達が宇宙意識に目覚めることによって、私を瞑想の中で導いてくれたのだと感じています。

特別なご縁によって特別な霊が使者となり特別に私を選ぶというようなことなく、ただひとつの、すべての人の内にある同じ神が、すべての人にするのと同じように愛し、与え、導いてくれたのです。そしてそれを求め、選んだのは私のほうなのです。

すべての人は、最初から神に選ばれ愛されています。その呼びかけに、その愛に、各々が応えるかどうか、人間の課題はそれだけです。

すべての人には癒しが必要です。どんな人も、肉体を生きる上で鎧を着て戦い傷ついているからです。その傷を癒すことで、神への愛と信頼が回復されていくのです。

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。

・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。

・2週間以内に県外への渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。

ご協力をお願いいたします。

感謝とともに

AZU拝


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2020