AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

レイキ・ヒーリングについてのあれこれ

レイキについて書きます。

レイキというと通常では臼井レイキを指します。

世の中には数多くのエネルギー・ワークがありますが、臼井レイキは大正時代を生きた先達が世に降ろしてくれた「道」であり現代ヒーリングの礎です。

私は複数種のレイキ・アチューメント(伝授)を受け、これぞと思う3種のレイキをお客様に伝授させていただいています。

その内2種は誰もがいつでも伝授を受けられるもので、伝授を受ければ「エネルギー・ヒーリング」が行えるようになります。不思議ですが、エネルギーの原則とはそういうものです。

これを資格のように取り扱っている人もいますが、私に言わせればそれは厳密なエネルギー・システムのことであり、同時にとても神聖なものでもあります。親密になってつきあうか、平行線のままで生きるかの違いだけのように思います。

西洋臼井レイキのマニュアルによれば「レイキは神聖な源からくるものであり」「それは資格や認定書によるものではなく」「悟りへの道しるべであり」「身体とチャクラ、オーラとともに働くエネルギーシステム」で「レイキが私、私がレイキ」となることが目指すべき姿であるとされています。

このエネルギー・システムとともに意識の変容のプロセスを歩んでいくと、テキストに書かれている言葉の深みがどんどんわかるようになります。

伝授を受けてくださる方が一様におっしゃるのは「最初は読んでもさらっと流していた言葉の意味がどんどんわかるようになり、何度読んでも新しく理解すべきことがみつかる」ということです。私自身、まさにそうでした。

レイキの体感について語られることは多いのですが、実際の変容やその兆候については情報が少ないのか、戸惑われる方も多いように思います。

例えばあったかい、つめたい、圧、うねり、流れ、電波、(静)電気、皮膚のちりちり、つんつん、振動、揺れ、など。

またリラックス感、深い瞑想状態と似た感覚、夢をみているような感じ、包まれている、光を見る、ビジョンを見るなど。

これらは伝授中にもヒーリングを受けている最中にも共通して感じることがある事象です。

しかしこれらは単に付随的な現象です。

体感が取りざたされるのは、レイキが不調を治すためのツールであるという理解が一般的だからかと思います。特定の電波が流れて治す、というような。

しかしレイキの本当の目的は、「変化」「変容」です。「成長」と言ってもいいかもしれません。実際のあなたがどのように魂としての前進を歩むのか、それが本題です。

そのプロセスを圧倒的に後押ししあらゆる側面からそのプロセスを押し進めるのがレイキという高次元波動のエネルギーです。

つい先日も、伝授後に「久しぶりに感謝を感じました」とおっしゃってくださった方がいました。

もしかしたらそれは、余りに自然に本来の自分に戻っていくかのような変化かもしれませんが、ヒーリングとはそのようなものなのです。

その本来の自分の状態というのは、ごく当たり前にあるがままの自分を受け入れていて、その自分はこの世にあるべくしてあり、大切な人びとから愛され必要とされていて、愛する力を持ち、存在する価値があり、人生には意味がある、という感覚かもしれません。

それを単に、落ち着く、安心、穏やか、と感じるかもしれません。

また逆にほんのわずかな感覚、小さなことからであっても、脅かされる感覚を覚えれば人は平安であることが難しくなります。あんなに自然で当たり前であったことができなくなるのです。

その時多くは平安に戻ることより問題を解決することに意識が向きます。しかし定期的な瞑想やヒーリングによって本来の自分を取り戻すと、問題の解決の前に、まず平安に戻ることの重要さがわかるようになります。

平安に戻ってから問題に向き合うと、解決はずっと容易になるのです。

(後半は次回。3番目のレイキについてお話します。)


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2020