AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUからのメッセージ

スピリチュアル

究極のしあわせ

感受性が高い人はそれだけ心の防御力を強めています。 そうしないと壊れるからです。 でもそれは、生きてるだけでなんだか大変で疲れることです。 強い防御の向こうにはいつでも強い敵がいます。 実際にはそうでなくても、心はそのように想定して生きている…

喜びによって生きる

みなさんは、ご自身の内側に神をみつけたいでしょうか?本当は誰もがみつけたいのだと私は思いますがいかがでしょう。 自分を振り返ると、その苦闘の時間の多くは「自分がなにを求めているかわかっていなかった」時間です。或いは明らかに求めていると信じて…

RUACH沖縄・心のセラピストAZUから、無料遠隔ヒーリングのお知らせです

みなさんこんにちは。今日はAZUよりお知らせです。 久しぶりに無料一斉ヒーリングを行いたいと思います。ご参加いただければ嬉しいです。 エネルギーは離れていても届きます。私のセッションメニューにも、遠隔ヒーリングというものがあります。不思議ですよ…

あなたに刻まれた愛のしるし

ヒーリングのセッション中のこと。 メッセージが降りてきた。 これはよくあること。 私の心にそっと、ふっと、色が広がるように、やがてそれが形をなし、ある種の方向性を持ち、すると私が理解する。ああ、そうか、というふうに。 理解したことを言葉に換え…

究極のからくり

先日いらしてくださったお客さまのことです。 ヒプノセラピーのための意識の仕組みのご説明をしている最中、目をキラキラ輝かせて「すてき!誰も責めない、誰のせいにもしなくていい方法なんですね!」とおっしゃってくださいました。 本当にその通りなので…

自分をマスターする

インナーチャイルドと向き合うって、人によってはしんどいことです。自分はそのタイプだったので、そういうクライアントさんの気持ち、わかります。 その時々を丁寧にがんばって生きてきている分、その梱包をわざわざ開いてまたかき回すようなことは全然した…

最もパワフルな真実

自分を癒すことの価値は、言葉に尽せないものです。 幸せとはなにか、愛とはなにかを一言で言えないことと同じです。 AZUさんにはどんな効果がありましたか?と訊いてくださる方もいらっしゃいますが、今このように平安に生きられることは、過去の自分の延長…

ワクワクは天才の始まり

今日も昨日の記事を受けて書きます。 スピリチュアルの有名な文句に「ワクワクすることをやる」というのがありますね。 バシャールやエクトンという進化した意識体をチャネリングする人が地に降ろしたというメッセージです。今はいろんな人がやっています。 …

自分の中の天才と生きる

昨日のブログ すべての人にある天才を開くからの引用です。 天才と凡人の違いを洞察すると、肉体の死以上に魂の導きの魅力を感じるかどうか、のようにも思います。もとは、すべての人が等しく神の子として創られていますが、魂を忘れて肉体の本能にばかり従…

すべての人にある天才を開く

人は、本当におもしろく不思議な生き物。もしつまらないと思っている人がいるなら、それは人という存在のうちのほんの数パーセントくらいしか見えていないからではないかと思います。 人には7つのからだがあり7つの気脈があって、脳の9割が未開発だなんて、…

本当に変わるには

自分と向き合うのことには二つの側面があります。 一つは心の中にあるものに目を向けること。 もう一つは、自分という器に目を向けること。 自己探求も癒しも、その両方のバランスを必要としています。 自分を変えるというのは、中にあるものを変えると同時…

スピリチュアルのワークが目指すもの

みなさんこんにちは。この夏の沖縄は台風の合間に晴れ間がある、という感じです。それもまたことさらに美しいものです。 相変わらずのガラケーで撮った一枚。南城市の道の駅かんじゅう駅からの海です。せーふぁうたきに隣接していて、RUACHからは車で6分く…

承認欲求と自己受容

生き物の根源的欲求は食欲性欲睡眠欲、と言われています。 では人に限定した場合は?それは承認欲求、と言われます。 すべての人が、おとなであれ子供であれ、胎児であれ(催眠で退行するとそれがよくわかりますが)確かに確固たるわけあってそれをしていま…

スピリチュアル斬り

心のセラピストAZUです。AZU WORLDへご訪問ありがとうございます。 今週日曜日の定期瞑想会もすばらしいお時間をありがとうございました。毎回気づきとたくさんの探求の題材をいただき、本当に感謝でいっぱいです。 ますます皆さんとともに深い瞑想の体験と…

感情を恐れているあなたへ

大学に入学したばかりの最初のホームルームで 担任の先生がおっしゃったひとことは私を救ってくれました。 (玉川大学の演劇専攻は当時全学年30名足らずで、ホームルームがあり担任もありました。) 「演劇を志す人間はみんなスネに傷持つ身だから・・・」 …

その敏感さの使い方

私たちのからだは 魂(キリスト意識)を運ぶ乗り物であると同時に 受信機であり発信機でもあります。 敏感で生きづらい、と感じている人は多いかもしれませんが 敏感とはそもそも その受信と発信の機能が精妙にできているということです。 生きづらい、とい…

心の落ち着かなさは

心の落ち着かなさ。 それは何かをお知らせしています。 心とからだは 生きるために無駄なく作られているから。 心が落ち着かないと 機動力が落ちます。 動けない、という感覚に陥るか、 動けたとしても無駄が多くなります。 それでいろいろと対処してみるの…

平安を妨げるもの

心の平安を妨げているもの。 その正体さえつかめれば私たちは平安へと近づくことができます。 平安とは、 おそれていないこと。 信頼があること。 満たされていること。 清らかであること。 (清らかというとイメージ的に抵抗がある人も多いかもしれませんが…

インナーチャイルドについて伝えておきたいこと④

考えて考えて、最善を尽くして、 これ以上解決法がない、と感じている。 簡単に人や周囲には頼らないし、責任逃れもしない。 情報も集め、勉強もしたし、理解もできる。 私は周囲の人のことを理解しているけれど、 私は理解されない。 みんながしあわせにな…

本当の自分

先日、夫がわたしについてブログに書いていた。 彼が何かを書く時は本当に思ったことしか書かないし、 ジョークでもネタでもないことはよく知っている。 ruahari.ti-da.net 結婚して11年になるけど、今なんだ。 ずいぶん思いを温めたね、とも思う。 彼のブロ…

すべてを解くカギ

みなさんはこの世が生きやすいと感じていますか? 私は生きにくかったです。とても生きにくかった。 過去形ですが、過去より今のほうがその生きにくさの成り立ちや細部が良く見えています。良くないところがく見える。 というとネガティブな感じがしますが、…

あなたが求めている光とはどれですか?

「引き寄せ」という言葉もはやりました。流行ったおかげで、意識の仕組みの説明はしやすくなりました。 どんなことでもそうだと思いますが、新しい概念が認識され定着していく間には数々の誤解がつきものです。 インナーチャイルドについて、ヒプノセラピー…

脳から光

ときどきお話するのですが、みなさんの頭の周りには金色と黄色のまざったような光が取り巻いています。 瞑想を重ねているうちに徐々にいろいろな種類、いろいろなビジュアルの光が肉眼にも見えるようになり、ある時対面セッション中に気づきました。 それか…

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと③

私の心の中にいるちいさな私は、 あるものを握りしめ、絶対に離したくないと思っています。 離すと思うだけでもとっても嫌な気持ちです。 でもおとなの私はそれをなんとかして離してほしい。 おとなの私にはわかっている。 その手に握りしめたそれは、私の人…

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと②

前々回『インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと①』に続く、その②です。 さて、それではインナーチャイルドの問題とはなんでしょうか。 それを捉えるには、私たちは私たちがなぜ生きるかということを念頭に、あるいは視野に入れないと探求できませ…

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと①

インナーチャイルドに取り組んで長い時間が経ちます。 この言葉は昨今とても広まって、ワークをしている方もとても増えた印象です。 そんな昨今を見回してみて、もう少しお伝えすべきことがあるなあというのが、今私の中にある思いです。 自分を愛すること …

世を照らす光であるみなさんへ

風間真吾 風間美緒 ルーア沖縄 新年あけましておめでとうございます。 みなさんと世界に、そして私自身に、常に新しい喜びの風が吹きますように。 年末年始に2泊3日の旅行に行きました。 沖縄へ来てからは長い旅をしているようで、また日常が新鮮な冒険のよ…

平安が好きですか?

平安、という言葉。 瞑想をするまでまったく興味も好意も持てない言葉だった。 クライアントさんに意識の仕組みをお話していて、平安という言葉を使うと「ああ、いいですねえ」と返されることがよくある。 「平安がいいです。」 そうですか?!では話が早い…

「世界は内面の投影」を解く

ACIM(ア・コース・イン・ミラクルズ)の公式本である『奇跡講座』を愛読しています。テキスト編、ワークブック編、マニュアル編とあり、膨大な容量ですが、どのページを開いても同じことが幾多の側面から言葉にされているように私には読めます。 同じことと…

死者の声を聴き続けて

前世療法のセラピストをしていての恩恵は自分にとって計り知れない。それは言ってみれば死者との対話だ。死者と対話することにどんな意味があるだろう。 死者は人生を終えているがゆえの達観した視野を持つ。それは時には後悔、悔恨などの心情であるかもしれ…


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。

公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー

AZU WORlDⓒ2006-2018