AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

覚醒してみる?

最初にお知らせです。

AZUの対面セッションはすべてオンラインでお受けいただけるようになりました。ぜひご利用ください。よろしくお願いいたします。詳しくはホームページで。

 

覚醒っていう言葉、動画界隈で出回っていますよね。覚醒、なんかかっこよさげです。覚醒するとどうなるんでしょうか。

 

ニューアースという本、日本で発売当初(2008年)全米で300万だか500万部だったかな、売れたと聞いていました。この本のテーマはずばり覚醒。

 

じゃあ、覚醒ってなに?というと、これまで当たり前だと思っていた世界が本当じゃなかった、と気づくことです。「意識を変える。世界が変わる。」この本のキャッチコピーでした。

 

意識を変えるというのは習慣や価値観を変えることではありません。それはきっかけにも結果にもなり得ますがそれではありません。それでは自我をより良い自我に置き換えるだけです。

 

本当の覚醒は、この世界とは全部自我だったんだ!と気づくこと、その世界から目覚めることです。そのためには自我を解体することが必要だとこの本には書かれています。

 

まさしくその通りなのですが、それだけだと実際は自分がどう生きればいいか、つまりなにを本当として受け入れればいいのかがよくわかりません。

 

ヒプノセラピーインナーチャイルドワーク、前世療法)はまさしく自我の解体のための決定版のようなセラピーです。そして解体の後には確かに光が差し込み、神の平安の兆しが訪れます。

 

しかしその神の平安の中で自我は生きたことがありませんので、それを具体的な生き方としてこの身体と地上に統合するのは、これまでの規範では不可能なのです。別の指針が必要です。

 

その指針とは、内なる導きです。ハイヤーセルフという言い方もできますが、そのハイヤーセルフがなにを目的に、どのような秩序に基づいて導くかと言えば、それが内なる神であり真理であり愛です。

 

覚醒とはまた、自分は肉体ではなかった、と知ることです。肉体ではなかったとすれば、本当はなにか、です。

 

そこでなぜか、自分のルーツが気になったり、宇宙のどこかから来た、みたいなことが気になる方も多いようです。でもそれは別にスピリチュアルと関係ないじゃないですか。過去のいきさつですからね。

 

本当は肉体ではなく、意識なのです。そしてその意識の本質は神と同質の魂です。神の子キリストと同質の、愛という意識です。等しく神の子である、という真実です。

 

自我はどこまでも対立を求めます。相対することでしか物事を認識できないからです。自分は進化した魂だけど、劣った魂の人がいるとか種が違うとか。そういうのはみんな、自我がやりたがることです。覚醒したから違いがわかるようになるのではなく、覚醒してもまた自我に戻ってしまうから、違いを見たがるのです。

 

大事なのは、世界は自我でできていた!自分は肉体ではなかった!と覚醒したら、それからどう生きるか、なのです。すかさず神をみつけないと、どんどん巧妙な自我の罠にはまってしまいます。神無きスピリチュアルこそが悪魔崇拝なんです。自我崇拝ですね。神に優劣があるという認識も、神に愛以外の目的があるように思わせるのも、魂が個々に別々の目的を持っていると信じさせるのも、悪魔です。それに力を持たせているのはエイリアンではなく自我です。

 

自我には「一つであるもの oneness」の意味がわかりません。覚醒したら覚醒していない人より上に行ける、みたいに認識します。でも、全然違います。覚醒したら、すべては一つなんだとわかるんです。だからそれ以上どこにも行かないし、行く必要はないとわかるんです。

 

そして目覚めたつもりでいても、気がつけばまた肉体の知覚と同化して自分と世界を勘違いするのです。

 

だから、何度も目覚める必要があります。目覚めれば目覚めるほど、何度も目覚めなければならないとわかるはずです。私はそれがどんどんわかるようになりました。人は肉体にいる限り、毎瞬目覚める必要があると。

 

「私はいついつ目覚めました」と自己紹介している人を私が信用しない理由はそれです。その人はたいてい目覚めた夢を見て寝ています。

 

内側に神をみつけたら、それと共にいることを毎瞬思い出す必要があります。完全に思い出したらそれと同調し、それに対して全く嘘がないという生き方ができるはずです。でもそれはほとんど無理です。覚醒するほどに、神がいかに偉大かがわかるようになるでしょう。神の全容は観えません。私たちがすべての人を理解できないように。

 

ですからそうなるまでは「私は謙虚なる神の子」であるべきです。そうであることをすぐに忘れて自我に囚われる弱い者です。でも自分も他者もみな等しく弱いとわかると、人はますます謙虚になり、慈悲が芽生えます。そこに相互理解が生まれます。そうなるまで平和はありません。攻撃と防御は消えません。

 

そうであることを忘れれば忘れるほど、人は強い自我を求め、自我を正当化し、自我を確立します。自我は自分を確立するために仮想敵を作り自分と他を区別します。

 

自我に対して、きみは自我なんだよ、なんのパワーも権限もないんだよ、と納得させてあげることが自我の解体です。それは他者にではなく、自分の自我に対して行わなくてはなりません。自分の自我を落ち着かせ従順にさせるまで、他の自我を静めることは決してできません。自我への信用を失ったら、私たちは戻るしかなくなります。本当の自分に。

 

自我に自信を持たせたり肯定したり積み上げることと魂の成長とは無関係です。世界のほとんどの自己啓発や心理学やスピリチュアルは無関係なことを目指しています。自分こそが優秀な、或いは劣勢な自我であることを証明しようと躍起です。自我の一番の欲求は、形はどうあれ承認されることだからです。それを反映したのがこの世界です。

 

さて、あなたは覚醒したいですか?

 

kokoro-iyasi.jimdosite.com トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄

 

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。店内は清掃、換気、消毒の徹底を、施術者は体調管理に努めています。
お客さまには
・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。

・2週間以内に渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。

・現在発熱のある方は回復されてからご来院ください。
ご協力をお願いいたします。

魂の伴侶

みなさん、こんにちは。心のセラピストAZUです。

 

今日は夫の、44歳の誕生日です。

出会った時、彼は26歳でした。割と最近まで、出会った頃とあまり変わらないなーと思っていたのですが、さすがにおとなっぽく(笑)なってきました。

 

私はハイリー・センシティブなアダルトチャイルドでしたので、恋愛では本当に苦労しました。絶対に必要なのに得られる気がしないもの、それがパートナーであり、絶対に大切なのにうまくできる気がしないものがパートナーシップでした。

 

心の仕組み、意識とエネルギーついて全力で学び、それから神さまに思いっきりリクエストして、そして来てくれたのが彼です。

 

彼と出会った頃には、愛やパートナーシップについてたくさん勉強していたので、あとは実践するだけでした。そして、別に確認したわけではないのですが、彼が求めているものを私は持っている(知っている)んじゃないかな、というふうに感じていました。言い換えれば「彼を幸せにできる気がする」というふうに。

 

一緒に生きてきて、これだけ多くを分かち合っていて、なお互いに成長し新しいことをいつも見出していけるのは、恐らく互いが内なる神とともに生きることを最優先とする生き方を選べたからだと思います。

 

私は自分が生きるが辛くて辛くてどうしようもなかった頃「この世界に自分と同じくらい辛い女の子がいて、自分がもしこれを乗り越えられたらその女の子を助けられるかもしれない」という考えが何度も頭をよぎりました。自分が今あきらめてしまったらそれは、絶望的に繰り返されるだけのように思えました。自分の前に道はまったくなかったように今も思えます。

 

「神さまとの仕事をがんばりますから、パートナーをください、神さま」というのがその時神さまとした取引です。

 

そして私たちが互いに愛を(退屈したり惰性になったり雑になったりしないよう)生きることで、神さまとの約束も最良のかたちで果たせるようにすべて導かれたのだと、振り返るほどにわかります。

 

愛に関することは、神に依頼するのが一番です。なにしろ愛と赦しは神の専門なのですから。

 

私より10年もあとになったけど、がんばってこの世に生まれてきてくれてありがとう。待ってて良かったです。

ここで育った愛が世界に伝わっていきますように。

kokoro-iyasi.jimdosite.com トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。店内は清掃、換気、消毒の徹底を、施術者は体調管理に努めています。
お客さまには
・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。

・2週間以内に渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。

・現在発熱のある方は回復されてからご来院ください。
ご協力をお願いいたします。

奇跡の道を行く

みなさん、こんにちは。心のセラピストAZUです。

ホームページおすすめ書籍を参考にしてくださってありがとうございます。

 

正直、けっこう凄まじい量の本を読んできました。その中から今手元に残り、そしてこれからも残しておきたい、と思う本だけを掲載しています。それらは恐らく、それ以上のなにかを必要としないほど、パワフルな本たちです。

 

私にとって、本はエネルギーです。真理という不変のエネルギーが込められた本は、私たちを真実という平安に引き戻すパワーを持っています。

 

それらの種の本は、読み終えることを目的としない本です。触れていることが重要なのです。神に対する態度と同じです。

 

「奇跡のコース」という本(教え)があります。「ア・コース・イン・ミラクルズ」(ACIM)というのが原題で、長いこと日本語による出版がありませんでした。日本人のシスターが手仕事で翻訳してくれたものがあると知り、直接ご連絡してPDFファイルで分けていただいたものを手にしたのが最初でした。

 

その後、大内博さんが執筆されていると聞き、今年は、来年は、出ると聞き、それから何年もかかって出版されました。それくらい大変な内容なのです。

大内博さんは私の母校の玉川大学の(元)教授でもあり、興味深い本をたくさん翻訳されています。(皆さんにお勧めし実践いただいている「生命の贈りもの」もそのうちの一冊です。)

 

今はシスターの田中百合子さんの本も「奇跡の道」として出版されています。

 

現在私が愛読しているのはそのどちらでもない「奇跡講座」というバージョンです。加藤三代子翻訳ですが、秀逸だと感じています。

 

この教えの目的は、真の心の平安です。

真の、というのは一時的なものではなく恒久的な、という意味です。

 

この本は、神と愛と真理の究極の教えだと言えるのではないでしょうか。こんなにも分厚い、字数の多い本なのに、どのページをめくっても一つのことしか書かれていない、そんな不思議な本です。

 

ただいきなり手にすると難し過ぎるという声もよく伺います。私は先に「神の使者」という本を読みました。プレ・ACIMとして書かれた本です。これも辞典のように分厚い本ですが、読んでいくうちに、意識が確実に変容する本です。もし何も抵抗なく読めてしまったとしたら、それはまだ本当のエネルギーに触れていないと言えるかもしれません。

 

今企画中なのですが、この奇跡講座と、個人セッションや心の勉強会でお伝えしてきた意識の仕組みを踏まえ、スクール(講座)を開かせていただこうかと考えています。春開講を目指します。

勉強会は一回完結のケーススタディという形でしたが、この企画は目的とゴールをもって体系的に学んでいただける形をとりたいと考えています。

 

詳細は決まり次第またこのブログとHPに掲載させていただきます。

まだまだ企画中ですので、ご要望やご質問、歓迎いたします。

オンラインでと考えていますので、全国のみなさんと(と言っても恐らくごく少数の方との深いつながりの中で)紡ぐことができればとイメージしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

感謝とともに

AZU拝

kokoro-iyasi.jimdosite.com

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。店内は清掃、換気、消毒の徹底を、施術者は体調管理に努めています。
お客さまには
・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。

・2週間以内に渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。

・現在発熱のある方は回復されてからご来院ください。
ご協力をお願いいたします。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2020