AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

瞑想という平和(6月瞑想会に寄せて)

6月23日沖縄慰霊の日に、定期瞑想会を開かせていただきました。

沖縄ではこの日が格別に大切な日だということを重々承知の上で、特別な構えなしに、いつもの大切な思いで迎えたこの日でしたが、私自身にとってあまりに意義深い日となりました。

お集まりいただいたみなさま、改めまして本当にありがとうございました。

沖縄で迎える11回目の慰霊の日でしたが、思えばこの日にこんな風に、直接に深い思いに触れる機会は今までありませんでした。

私たち夫婦が移住したのは2008年夏、座間味のおばあが戦争と集団自決について話しているドキュメンタリー番組を見て、終わった瞬間に夫が決意したことから始まっています。

沖縄のことも移住などということも、それまで一度も話し合ったことなどありませんでしたし、何のためにそうするのかについてもその時はわかっていませんでした。

ただ、東京で自分たちの生存のための闘いに明け暮れるのではない生き方のためのなにかを体験しようとしていることはその時互いにわかっていました。

その時から神にすべてを問い、委ね、そして差し出された道を懸命に歩いてきました。

その日から11年を経て、この日のみなさんとの心の交流は、神からの答えと祝福そのものであった気がします。私は自分の持てるすべてを世界に差し出し、そしてその答えを受け取り続けています。

日々のセッションはすべて美しくつながっています。みなさんが私に与えてくださるテーマはどんな時も同時に私自身のためのものであり、もたらされる癒しはみなさんと私自身の双方に与えられる神からの愛そのものであると心の底から感じられます。

私たちが自らの内面の海に触れようとする時、私たちはその海によってつながり、同じ海でともに岸辺を目指し、そして一緒に泳ぐのです。

瞑想でつながる時、それぞれが観る景色は別々でも、景色を映し出すための光はいつもひとつです。その光がただひとつの神です。

私はこの日、これまで感じてきたことにまた一つ確信を深めました。

沖縄での慰霊の祈りは、そのまま世界への平和の祈りです。平和とは神が映し出すもののなかで最も神に似たもののひとつです。

沖縄で生きる人々の切実な思いの奥底から発せられる魂の叫ぶ声はただ、すべてのいのちが尊ばれることを望んでいます。ですからその声は神によく届くのです。

すべての人がただ静かになって聴くだけで、何が本当なのかきっとわかるはずです。

私は今、心から願います。

すべての人が自分の持つ心に関心を向けて、その奥にあるすばらしい世界に驚きと喜びを見出すことができますように。あなた一人がそのことに気づくだけで、それは確実なものになります。

私たちは内なる意識の海の中でみんな一緒です。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2019