AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

感謝は人のためならず

人をしあわせにするのは、感謝、というエネルギー。

わかっちゃいるけど、調子のいい時はできても調子悪い時はできない、というのが自然の成り行きかと思います。

 

生まれてこの方調子が良くない、という人もいるかもしれません。或いはおとなになって社会人になったと同時くらいから、調子が良くないという方にもよく出会います。

 

私は高校生で完全に調子が悪くなって、大学で演劇に出会って復活したかと思ったけれど、やっぱり自立したとたんに調子悪くなってしまいました。

 

調子悪いというのはいい結果が出ないことだと皆さん思っているかもしれませんが、実は発しているエネルギー、つまり波動が負けているってことです。負けているというのは、周波数が攻撃&防御状態になっている、ということです。これは魂の本質の状態ではありません。怯えた野生動物の状態なのです。

 

敏感な人というのは優しいけれど傷つきやすいので、傷ついてしまうととたん、被害者的感覚に陥ってしまいます。被害者になると、加害者を頭の中で裁いたり、或いはいつも嫌なことを想定して先回りして備えたり。更に負を引き寄せて更に被害者になり、その理不尽さに怒りでいっぱいになってしまいます。

 

まるで負のエネルギーの発信機です。

 

敏感で感受性の強い人も、思考の力が強い論理的な人も、また正義感の強い人も、本来の良き資質がゆえにこの負の連鎖にはまりやすいのです。ものごとの表面を見ている限りは。

 

今ではエネルギー的なものの見方はわりと普及していますが、私がドはまりしていた時分はわずかな情報しかありませんでした。でもそういう見方に導かれて採用したことで今ではいろいろなことが見えるようになりました。

 

心に傷があるままで感謝することは難しいです。でも心を理解して向き合って癒し、自分とのつきあい方、自分の取り扱い方を見出せば、変わります。

 

かの斎藤ひとりさんがこうおっしゃっていますがまさにそうです。

「この宇宙のすべては周波数を持っているが、人間だけがその周波数を変えられる」

 

イエス・キリスト

「人間は神の似姿に創られた」

と言いました。同じ意味ですよね。

 

自然のすべてはそのままで調和するよう神から創られていますが、人には神の機能が備わっています。自分を成り立ちから変えられます。自分を変えることで、世界を創造できるという権限です。

 

自然の中に神がいることを知っている人は多いのですが、その中で最たるものはあなた自身だということを、すべての人が思い至ることが神の望みだと私は思います。自然の中に見える神は、あなたの内なる神が外側に投影されているにすぎません。

 

それまでの間は私たちは自然という運命に翻弄されながら生きます。でも本分を思い出したなら、私たちは創造の主となります。

 

冒頭に戻ります。

調子の良し悪しに流されずに、いつも心に感謝を持つことが可能でしょうか?

私たちにはできます。それが波動を上げる旅の答えです。しあわせになりたいけれどできていないのであれば、癒しによってそれが可能になります。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2019