AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

人の使命

オーシャンズ』という映画(ジャック・ペラン監督による、海の生物をテーマとした2009年のドキュメンタリー映画)ご存じでしょうか。少し前に夫と一緒にわが家のホームシアターで観たのですが、忘れられない思いをしました。

 

海洋生物を追いかけて地球一周する凄い映画で、宮沢りえさんの優しいナレーションとダイナミックな映像はとても美しいのです。普通なら壮大な宇宙感に感動するところなのでしょうが、私と夫はともに、この映画を見てへとへとに疲れてしまいました。心からげんなりし、実際にぐったりしました。

 

なぜかと言えば、あまりの自然界の過酷さに、生存競争の厳しさに、その残酷さにうちのめされてしまったからです。

 

途中途中何度も弱音を吐きながらも最後まで見ましたが、見終わって夫と私が口にした言葉は「疲れた~自然界さいてー」。このことはあれ以来よく思い出されます。

 

感受性の強い人の中には、人間は汚くて自然は美しい、というように言う人もいますが、あれを思うとのんきに自然は美しいとか、野生動物をかわいいなんて言っていられなくなります。

 

また世界の北野武監督も昔「人間が一番の環境破壊の原因だから、環境破壊したくないなら人間が滅びればいい」なんてことを言っていましたが、まったく賛成できません。

 

人間は弱肉強食のルールを超えていくべき存在なのだと、あの映画を見てはっきりと思いました。昨日も「人間だけが自分の波長を変えられる」「人間は神の似姿に創られた」と書きましたが、人間には創造と向上という神のアイディアを意識に書き込まれているのです。

 

波長の法則は「似たものは似たものを引き寄せる、つまり富めるものは富む」のですが、神の愛の法則は「求めるもの、つまり、不足したところに与えられ」「与えるものが受け取る」のです。愛の法則は、波長の法則、つまり引き寄せを上回ります。これが人間に与えられた神の特権です。これを行使できるのは、本能を超える知性を持つ人間だけなのです。

 

このことは瞑想して「全体がひとつなのだということ」や、「神の被造物はすべて同じもの」なのだということを実感できると、逆説的ですがとてもクリアに理解できるところだと思います。

 

瞑想夫婦である私たちが感じた自然界の残酷さも、きっと共感していただけるのではないかと思います。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2019