AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUのしあわせになるメッセージ

本当の自分を生きるとは

私の20代を決算するなら「挫折」がふさわしい。プロの俳優の娘として生まれ育ち、ごく自然に表現の道を選んだ。傲慢な意味ではなく自分の中に才能があるのがわかっていて、やりたいことがはっきりとしていて、それがゆえになにを努力すべきかもわかっていて、その努力がとてつもなく好きだった。

運良く、周囲の助けによって、自分では選ぶはずのない大学で演劇を学ぶことができた。学校の教育はすばらしく、私は生き返った。高校までに身に着けた世俗の垢を落とし、純粋になることができた。純粋な良き事に没頭できた。私にとっての演劇は神聖だった。舞台の板に乗るとき、何一つ持たずにただ私の生命を預けることができた。神さま、どうかこの舞台が終わるまでは私を生かしてください。そのあとのことはなにも望みません。もし声を失っても、足を失っても、私はきっと舞台に上がるだろうと信じていた。それでも私は舞台に上がる価値を持っているとわかっていた。それは魂だった。魂とともに舞台に上がることさえできたら私は奇跡を起こすことができる。

だから舞台の上で私は輝くことができたのだと思う。恐れがなかった。

舞台をやり始めてすぐにそういう境地にあったから、当然ながら周囲のおとなとは価値観が合わなかった。良かったのは大学で同じ教育を受けた同志と一緒だった時だけで、それも大学を出て社会という大海に船出するとだんだんとずれを感じるようになった。

それだけではもちろんない。私は神経質でプライドが高くて非常に傷つきやすかった。また表現者の家系の母は、プロは食えてなんぼ、売れてなんぼ、という価値観だった。プロになるのは夢ではなく超現実だった。飯を食えないのは遊びと同じだったし、世間の目も、無名な表現者は「たまご」だと認定した。早くから市場に自分を売りに出さなければと思っていたし、中学生から望んでいたのはいち早い親からの自立だった。だから演劇を神聖視する一方でただ純粋に好きで楽しむということとは全く違った目的のためのツールでもあったと思う。

早くから私は場を選びすぎ、そしてその後は選ばなすぎるようになった。

20代全体を使って、私は何もかもを失っていった。

時代はバブルからバブルの崩壊を辿っていた。

20代の頃には自分はアダルトチャイルドだと気づいていた。なにもかもが辛く窮屈なくせに、自由が与えられても決して自由になることはできなかったと思う。自分は損なわれてボロボロになっていると感じていて、自分のほどんどの部分が嫌いで仕方なかった。修復するにはなにもかも手遅れに思えた。その一方で、修復しない限り自分の未来は開けることはないだろうとも感じていた。

時々セッションでもたとえ話として自分の例を持ち出すこともある。なるべく簡潔に手短にではあるけれど。「とても想像がつかないですね」と、優しく返してくださる方も多い。

インナーチャイルドと向き合う価値は無限にある。修復と治癒的な意味はもちろんだけれど、セッションを20年やり続けてきて思うのは、インナーチャイルドワークは目覚めに向けての最短の道だということだ。

目覚めとは自己の本質を見出すことであり、本質を見出すとは自分と混同してしまったあらゆる価値観を落とすことだ。病んでいるのかそうでないかはまるで関係がない。無意識を意識化し無知を知に変え闇に光を当て恐れから自由になることだ。

母の胎内で肉体を持ち始めた頃から取り込み始めた既存の価値と世界観の虚と嘘に気づき、ほんものを受け入れていくことだ。

虚はあなたに付け足すことを求め、ほんものはあなたがほんものであることだけを教える。虚はあなたが高みに登ることを誘惑し、ほんものはあらゆる誘惑から目を覚まさせることを促す。

人類はもう、そこと向き合わなくては前に進めない瀬戸際に来ていると思う。虚に飲み込まれてしまう前に。

kokoro-iyasi.jimdosite.com

■新型コロナウィルスへの対応を継続しています。
・入り口にてマスクの着用と手指の消毒、検温をお願いしています。
・風邪などの症状のある方は回復されてからお申込みください。
・2週間以内に県外への渡航歴のある方、感染者との接触のある方、そのご家族は、2週間を経過してからお申込みください。
ご協力をお願いいたします。

 

感謝とともに

AZU拝


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。
公式サイト→トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー
AZU WORlDⓒ2006-2020