AZU WORLD

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピストAZUからのメッセージ

クリスマスだというのに

沖縄は春。 ここ数日、春です。 一昨日なんて、ベランダの窓全開のまま ご主人は床でうたたねして明け方目覚めたようです。 ものすごくびっくりしました。 東京だったら凍死しちゃいそうな気がします。 私たち夫婦は四季の匂いに敏感です。 最近の沖縄は春、秋、冬の匂いがでたらめにしてきます。 そのたびに私たちは、今は秋だね!今日は春だね!もうさすがに冬だね!と 言い合っていますが きっと沖縄の人には私たちの嗅覚に結びついた四季の記憶とは違い 今の季節がだいたいこんな匂いの幅、っていうのか これらが今の匂い、なんだろうな、とか話し合ったりしています。 だからたとえば私たちの子供に「春の匂いだね」と言っても 通用しないんだろうな。だって春じゃないし。 環境、気候ってすごい影響力ですね。 食べたいものから気分から違ってきますものね。 沖縄=のんびりって東京の人は言ってたけど 実際のんびりした人にはそんなに出会っていません。 どっちかというとせっかちな人のほうが目立つ気がします。 早口の人も多いです。 ただ、車の運転はゆっくりの人が多いですね。 一年近く経ったけど、概ね変わらぬ感想です。 最近は「だはず!」って言葉を覚えました。 まちがいない!みたいな感じと解釈しています。 まだ内弁慶にうちの中でしか使っていません。 ネイティブの皆さんの前で使うチャンスはまだないです^^ 主人は職場でいろいろ使ってみるけれど イントネーションが違って通じないこともあるみたい。 外国だな~。 普天間基地のことが全国区のニュースになっていますが どうなんでしょう。 外から見る基地問題と内部で感じるのには結構温度差もあります。 ここから空を見ていると 結構な頻度で軍のヘリが間近をぶんぶん飛んでいます。 住宅地で落っこちたりしないでくれよと思います。 だいたい、誰がなんと言おうと、 ここは日本なんだし アメリカの軍隊の基地があるなんて、そりゃもう異常事態ですよ。 日本は戦わない国なんだし。 ここは戦闘戦略的にとてもいい場所だそうですが 結局何かあって犠牲になるのはここの島の人たちだってことだよね。 私はこっちで心のセラピーをしているけれど トラウマの質的にとってもきつい人が多いのが気になってます。 トラウマっていうのは現世で言えばほとんどが 家族、親族の中で作られ引き継がれているものです。 伺っていると、お母さんの世代は兄弟や親戚がが何人もひどい死に方をしていたり 戦争で傷ついている人がちょっと上の世代にはたくさんいるんです。 私もおじいちゃんは戦死ですが 沖縄にはそういう人がすごく身近にたくさんいます。 傷ついていないわけがない。 でも身近すぎてそれが影響してることにもまだ気づいていなかったりもする。 みんなそうだから。 うちの母もよく「私の世代はみんなそうだったから」と言っていました。 みんなそうだろうがもっとひどい人がいっぱいいようが 人間の心はとても小さなとげにうんと傷つくものなんです。 医療関係の方のお話では沖縄は精神病神経症の患者さんは やっぱり飛びぬけて多いそうです。 沖縄のこの自然と同じように 人々の心が心底平安でありますよう。 癒しの必要なところに光がありますように。 できることをこつこつと 私もがんばります。


ブログランキングに登録しています。 クリックで応援よろしくお願いいたします。

トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄 心のセラピー

AZU WORlDⓒ2006-2018